畳工事

畳工事の種類

畳工事は、大きく分けて3つの方法があります。「畳床」「畳表」の状態を確認させていただき、お客様のご要望に合わせた最適な畳工事をご提案いたします。
 
↓畳の構成部品
tatamiomotetatamitokoheri

 

 

1)表替

「畳床」を再利用して、「畳表」・「縁」を新調いたします。

<工事の流れ>
・事前にお好みの畳表、縁をお選びいただきます。
・工事当日の朝、畳をお預かりします。古い畳表を剥がして、畳の隙間やへこみを直してから新しい畳表を縫い付けて夕方に納品いたします。
 
※箪笥など大きな家具は、無料で移動いたします。
※「表替」は畳床が再利用可能できる場合に限ります。
※畳床の傷みが激しい場合や結露等で腐っている場合は、「新畳」となります。

 

2)新畳

「畳表」「畳床」「縁」すべてを新調いたします。

<工事の流れ>
・施工させていただくお部屋の採寸に伺います。
・お好みの畳表、畳床、縁をお選びいただきます。
・畳の制作が完了しましたら、ご都合に合わせて古い畳と交換いたします。
 
※畳床が虫や湿気で傷んでいたり、へたりがあったりする場合にご提案します。

 

3)裏返し

「畳表」と「畳床」を再利用して、「縁」を新調します。

・縁をお選びいただきます。
・工事当日の朝、畳をお預かりし、夕方納品いたします。
畳表は一度畳床から外し、裏返して貼り付け、綺麗な面を利用します。
 
※畳表、畳床が再利用可能な場合の工事です。裏返しは、使用の仕方によっても違いますが、新畳工事から3~5年で行うのがおおよその目安です。畳表の日焼けが進んでいたり、擦り切れが激しい場合は表替となります。